太ももを細くする方法として思い浮かぶのが、脂肪を落とすって方法ですよね。 自分で自分の太ももを見ると、皮下脂肪というか筋肉が霜降り状態というか とにかく脂肪があるから太いに違いない。

多くの脚痩せ方法は、運動や食事療法でふとももの脂肪やセルライトを落とす ことが目的です。

最近、マスコミ、雑誌、ネット、テレビで話題の「流すだけ」の足痩せ法がとても 気になっていました。

流すって何を流すんだろうか。 ふとももがマイナス5.2センチ、足首までマイナス3センチってどういうこと?

駅で階段を登る女性をみると、足が細くて羨ましいなあとつくづく思います。 男性もじっと見たいけど見て見ぬふり。 足の細さは女性の武器なんですよね。

suasi.jpg

でも、足の細さって生まれつき?なんでしょうか。 中学の頃の同級生を思い出すと、太い子だったのにOLになったら ほそーくなっててびっくりしたことがあります。 運動部でもなかったし、どうして?

秋になるとタイトなパンツが流行しますよね。 ジーンズもタイトでスリムなシルエットに憧れます。 ユニクロのCMなんか本当に憧れちゃいます。

どうして自分だけ太いのかな。 太ももを細くする方法って本当はどういう方法なのかな。

そんな足やせに悩むあなたに、ぜひ読んで欲しいサイトがあります。 足が太くなる理由、細くならない理由がとてもわかり易く書いてあります。

私もなるほど~と感心しました。 流すだけって、「アレ」を流すだけなんですね。

詳しくは公式サイトをご覧下さい。

>>たった1日2分流すだけ!現役読者モデルでもマイナス5cmに成功した美脚法!ボディスタイリスト大澤美樹『スリムレッグラボ』

薬剤師は薬を飲まないという本が、書店に平積みになっていますね。 薬には必ず副作用があって、副作用と副作用が重なると思いもよらない 病気になることも。

著者の宇田川久美子さんは薬剤師さんでした。 薬を出しながらも、ギランバレー症候群になってしまった患者さんを見て 薬に疑問を持ったようです。

薬はいざという時、例えば出血が止まらないとか、200以上の高血圧だとか 緊急性がある場合は薬は必要です。

しかし、生活習慣病やダイエット目的のサプリメントはどうでしょうか。 薬は、石油製品だそうです。プラスティックと同じです。

自然食を食べているのに、石油製品の薬も飲んでいるという矛盾も 宇田川さんは注意しています。

では、宇田川さんはこの「薬剤師は薬を飲まない」という本で何が言いたかったのか。 それは、薬を飲むより運動をしようということです。 運動の次には、食事に気をつけようということです。 薬は最後の最後。

では、運動は何をすればいいのか。 基本は、歩くこと、ウォーキングです。

誰にでも出来て、効果が確実に現れる運動です。 骨折や肉離れの心配もありません。

ただし、ウォーキングや運動も「やり方がある」ということ。 これが、この本のメインです。

太ももやせに効くという運動も紹介されています。 ぜひ、手にとってみて下さい。

骨盤枕ダイエットってはやりましたよね。 皆さんは効果がありましたか。

即効性はないけれど、骨盤が矯正されて 肋骨が持ち上がり、内臓があるべきところに収まる。

たった5分ですけど、足を伸ばして内股にしたり 腕を伸ばして、ひねるなどのポーズを続けると うっすら汗ばむことも。

また、うつ伏せになることで、恥骨に骨盤枕を当てて ヒップラインを整えることも出来ます。

骨盤枕ダイエットは、ダイエットとはちょっと違うかなと思うんです。 全身が痩せて、皮下脂肪が燃焼するというタイプとは違いますよね。

骨盤の位置を矯正して、お腹ポッコリ状態を改善しようという事が 目的なので、足痩せの基本である「足のラインをキレイにすること」とか 「セルライトを取る」という事には直接関係ないかなと思っています。

美脚というものは、肋骨の下からつま先までのラインをキレイにすることが 目的なので、お腹ポッコリが解消されれば、お腹ラインはいいでしょう。

でも、肝心の太ももはどうでしょうか。 寝転んで骨盤を矯正したり、足の重さを利用してエクササイズは可能ですが やはり、体重を利用して足首からひざ、ひざから股関節の筋肉をトレーニング することが大切です。

太もも痩せの補助的なダイエット方法として骨盤枕ダイエットをやることは ムダにはならないと思いますけどね。

運動だけでなく、食事にも大切です。 粗食かなあと思うぐらいがちょうどよいかも。